第二の心臓とされるふくらはぎのマッサージを行うこと

体の内に蓄積されていた老廃物を分解

このコラムをシェアする

血液を体全体に巡らすために

ふくらはぎは、第2の心臓といわれていることをご存知でしょうか。
人間の体には、栄養素や酸素を全身に運ぶ必要があるため、その役割を血液が担っているのです。
血液を体全体に巡らすためには、心臓が揚水機の役割を果たして血液を押し出すことにより全身に届けています。
血液が心臓へ返ってくる際は、重力の影響を受けるので血流が弱くなってしまいます。
その血液の勢いの弱まりをお手伝いするのが筋肉の役割とされています。
血液の心臓への返り道は静脈と言われ、筋肉の中に存在しています。
そのため筋肉を動かすことにより、揚水機の役割を担うことが可能です。
人間の血液の70パーセントが下半身に集中しています。
心臓から押し出された血液は、下半身より心臓へと返る際には重力がかかるため滞りやすくなっています。
そこで下半身の末端にある。ふくらはぎの筋肉が下半身の揚水機の役割を果たし、血液を心臓へと押し返しています。

末端の筋肉であるふくらはぎの筋肉

常に体の中では、血液がグルグルと廻っています。
これは人が生きていく上で、必要不可欠なこと欠かすことができない機能です。
体の中の血流が滞ってしまうことにより、体に様々な悪影響を及ぼす事があります。
大切な体の血流を促進させるために、重要な役割を担っているのがふくらはぎなのです。
ふくらはぎを守ることにより、心身の健康にも繋がるでしょう。
ふくらはぎをマッサージすることにより、血流を促す効果があるとされています。
理由として下半身には、人間の体の血液が70パーセントもひしめいているということが挙げられるでしょう。
そのため、末端の筋肉である、ふくらはぎの筋肉を動かすことで、揚水機の役割を果たし血流が促されるのです。
血流が促されることにより、体に不要な老廃物が体外に排出されるというデトックス効果や体温が上がるなどの良い点が得られます。