第二の心臓とされるふくらはぎのマッサージを行うこと

デトックス効果や基礎体温が上げるなどのメリット

このコラムをシェアする

猫の手マッサージが効果的

猫の手マッサージとは、どのようなものなのでしょうか。
体育座りをしてお尻を床につけて座り、膝下を揉みしやすいようにして、マッサージされない方の脚は楽にしてください。
両手を軽く握って、猫の手のようにしてスネの骨をはさみ込むように密着させ、足首より膝まで下から上に向い軽く圧迫しつつこすり上げていきます。
くるぶしの周りについても、猫の手で軽くなぞって刺激を与え、膝頭を両手で温めるようにしつつ、膝の皿周りも手の平で重ねるように圧迫して、やさしくマッサージを行いましょう。
回数の目安については、左右各5から10回程度です。
次は、かかとの上げ下げ運動についてです。
椅子の背につかまって立ち、足の間は、こぶし一つ分くらいあけておくと良いでしょう。
椅子に座ったままでも可能ですが、その場合も膝の間は、こぶし一つ分くらいあけておきます。

足が軽くなりスッキリする方法

しっかりとつま先に体重が掛かるように意識しつつ、ゆっくりかかとを持ち上げます。
かかとが上がったら、ゆっくり地面スレスレになるまでかかとを下げましょう。
親指の付け根で、地面を押し上げるような想像をしつつ行います。
回数の目安については、10回3セット程度を行うと良いでしょう。
つらい時には、1回毎かかとを地面に着いても大丈夫です。
次は、脚が軽くなるというマッサージについてです。
体育座りをしてお尻を床につけて座り、片脚のふくらはぎの下で両手の指を組み合わせ、組んだ両方の手の平と手根部でふくらはぎを挟んで、押しつぶすように圧迫します。
痛気持ち良いというくらいの力加減で、アキレス腱あたりより膝裏まで丁寧にゆっくりとふくらはぎの膨らんでいる部分をつぶすようにマッサージします。
お風呂上がりに行うことにより、足が軽くなりスッキリ感がわかるでしょう。
回数の目安については、左右各10回程度にします。